ハリスとハリを結ぶ


中村式カン付き南方延縄結び ・ 中村透おすすめノット

カンの特長を生かして、さらに強度を高めたノットです。中村透の、大物釣りへの拘りがこの結び方を生み出しました。
中村式カン付き南方延縄結び

結び方

図1
STEP1
ハリスでハリ側に大きめの輪を作り、ハリの軸を挟む。ハリスの先端を斜めにカットしておく。
図2
STEP2
ハリスの先端部で、本線とハリ軸を一緒にハリの耳方向へ4回巻き付け、本線とカンの間に通しマクラを作る。
図3
STEP3
ハリスの先端をカンと本線の間にくぐらせる。
図4
STEP1
カンの反対側でもう一度くぐらせる。
図5
STEP2
クラでできた、本線と4回巻き付けたラインの間の隙間にハリスの先端を差し込む。
図6
STEP3
ハリスの先端部を引いてしっかり締める。
図7
STEP1
輪を1回ひねる。
図8
STEP2
ひねった輪で、ハリスの先端部とハリを一緒にくぐらせる。これを4回続ける。
図9
STEP3
まず、本線をゆっくり引き全体を締める。次にハリス先端部を引き、形を整えながら、さらに締め、余分をカットして完成。
【2016年開催】フィッシングショー出展のご案内
Copyright (c) KUREHA GOHSEN CORPORATION